肩こり解消のストレッチ!ふたりでやれば効果もあがる

公開日: : 最終更新日:2015/05/20 肩こり解消ストレッチ

ふたりでやることで、より効果がある
肩こり解消・予防のストレッチを
体験したので紹介します。

身近な人に補助役を
お願いしてくださいね。

私は妻に補助をお願いしました。

初めにきちんと動画を見せて
あげることが重要です。

でないと、スムーズに進めることが
できなくなりますよ。

体験した動画はこちらです。

参照元:YouTube

まずは姿勢です。

ストレッチを受ける人は
あぐらを書いて座ります。

ストレッチを補助するひとは
後ろに膝立ちになります。

スポンサードリンク

僧帽筋のストレッチ

ストレッチを受ける人は
首を右側に倒します。
左側の首を伸ばします。
補助する人は左肩と左耳の後ろに
手を当てて左肩をゆっくりと
下の方に押していきます。

10秒たったらゆっくりと戻します。

次は反対側です。

反対側も同じように肩を下に押していきます。


補助がはいることで、
自分で伸ばす感じよりも
さらに伸びます。

補助の人は、そんなに力を入れなくても
十分に効果を感じます。

むしろ力を入れ過ぎると痛くなるので、
ゆっくり加減して初めてくださいね。

胸のストレッチ

ストレッチを受ける人は
腕を水平に左右にあげます。

補助する人は後ろから肘の内側を持って
後ろにゆっくりと引いていきます。

10秒たったらゆっくりと戻します。


これは、腕を完全リラックスした状態で
引っ張ってもらえるので
とっても気持ちいいです。

力を抜いた状態で、後ろにひっぱることは
不可能ですからね。

ただ、あんまり力を抜きすぎると
補助の人が重く感じてしまうので、
そのへんは補助の人の加減を見ながら
調整したほうがいいですね。

スポンサードリンク

二の腕のストレッチ

ストレッチを受ける人は
右の肘を上に上げてから、
右手が首の後ろにくるようにおろします。
肘は上げたままです。

補助するひとは肘を
ゆっくりと上に上げるようにします。

10秒たったらゆっくりと戻します。

左側も同じように行います。


二の腕が伸びて気持ちいいです。
ストレッチする人も補助する人も
簡単でやりやすいストレッチです。

背中(後背筋)のストレッチ

ストレッチを受ける人は
左手を斜め上にあげます。

補助する人は
左足の付け根に左手をあてて
しっかりと固定します。

右手で肩を斜め前におしていきます。
このとき腰が浮いてこないように
左手でしっかりと抑えておきます。

10秒たったらゆっくりと戻します。

右側も同じように行います。

 


 

どうしても腰が浮いてしまうようなら
手ではなく、足で抑えてもらうと
補助する人は楽になります。

普段あまり感じることのない
背中の側面の筋肉が伸びているのが
よくわかります。

まとめ

ひとりでは伸ばしにくい箇所でも
ふたりでおこなえば、もっと伸びて
気持ちがいいです。

自分のストレッチが終わったら
今度は交代して補助してくれた人の
ストレッチをしてくださいね。

立場を交代して行うことで、
次回ふたりでストレッチを行う時に、
こうすれば効くなっていうのが
お互いにわかるようになるので、
より効果があがりますよ。

スポンサードリンク

関連記事

oteage

肩こりストレッチ、肩の可動域をチェックする

肩こりを感じていてストレッチをしてみたいけど、どんなストレッチをすればいいのかイマイチわからない方に

記事を読む

a695f1c29fc8ba83734e2d42344f84e6_m

肩こりからくる手のしびれに効くストレッチとは?

慢性的に肩こりはあったけど、 近頃はなんだか手がしびれるように なってきた。 これは、パソコン作業

記事を読む

bed-woman

肩のストレッチはベッドの上で簡単にできる

ベッドや布団に寝っ転がったまま 40秒でできるストレッチを紹介します。 肩と肩甲骨と背中を動かすス

記事を読む

88b17b67507ab40ef5ffd77b81f564ac_m

肩こりストレッチ。中居くん(金スマ)も効果を絶賛!

2014年3月14日に放送された 「中居正広の金曜日のスマたちへ」の番組内で、 紹介されました肩こり

記事を読む

follow us in feedly  
    PAGE TOP ↑