肩こりからくる手のしびれに効くストレッチとは?

公開日: : 最終更新日:2015/05/17 肩こり解消ストレッチ

慢性的に肩こりはあったけど、
近頃はなんだか手がしびれるように
なってきた。

これは、パソコン作業などの
デスクワークをしている人に多い
症状なんです。

スポンサードリンク

椅子に座り、背中をまるめて
頭を前に出している体勢を
思い浮かべてください。

思い当たりませんか?
いつもこの体勢で作業をしていますよね。

それと、今まさにこの状態に
なっている人もいますよ。
そう、スマホでこの記事を読んでいる
あなたのことですよ。

スマホを使っている時は
背中が曲がり、頭が前にでていて
さらに腕を上げている状態ですよね。

スマホ症候群なんて呼ばれていたりも
しますよね。

これらの症状は特定の筋肉のこりからきています。
マッサージやストレッチで改善しますので、
慢性化する前にしっかりと対処していきましょう。

それではしびれの場所による
対処方法を紹介していきますね。

スポンサードリンク

親指の付け根から腕の内側がしびれる

原因は首周りにあります。
斜角筋という首の両側に筋肉が凝っています。

首のストレッチを行いましょう。

まずは、背筋をまっすぐ伸ばします。
右手を頭の上に乗せて、右側に頭を
ゆっくりと倒していきます。
無理をせず、頭の重みを利用して倒してください。
痛みは感じないくらい、
首の左側が伸びているのが感じられればOKです。

背筋は伸ばしたままですよ。
手に釣られて右側に傾かないように
注意が必要です。

20秒伸ばしたら、次は左手で
同じように首の右側を伸ばして下さい。

2〜3回繰り返してください。

簡単にできるストレッチですので、
オフィスやテレビを見ながらでも
ちょっとしたスキマ時間に
するのもいいですね。

肩から上腕がしびれる

肩甲骨が原因です。
肩甲骨のまわりがこってしまうことで、
可動域が狭くなって血行が悪くなっています。

では、肩甲骨のストレッチを行いましょう。

まずは、肩甲骨を開閉いていきます。
腕を左右にまっすぐ開いた状態から
肘を90°曲げて、手が上を指すようにします。
そこから肘を後方に持っていきます。
胸を開いて、両方の肩甲骨をくっつけるような
イメージです。
そのまま20秒キープしてください。

今度は逆にそのまま肘を前に持っていて
両肘と両手首を体の前でくっつけてください。
肩甲骨が開きます。
体をガードしているようなイメージです。
同じく20秒キープしてください。

2〜3回繰り返してください。

血行がよくなって、軽くなったように
感じられましたか?

まとめ

肩こりからくる手のしびれは
ストレッチで解消しましょう。

普段からの姿勢も大事ですので、
体に負担のない姿勢を心がけましょう。

スポンサードリンク

関連記事

88b17b67507ab40ef5ffd77b81f564ac_m

肩こりストレッチ。中居くん(金スマ)も効果を絶賛!

2014年3月14日に放送された 「中居正広の金曜日のスマたちへ」の番組内で、 紹介されました肩こり

記事を読む

4501597e6d7ceb396de5c5a8a89684fe_m

肩こり解消のストレッチ!ふたりでやれば効果もあがる

ふたりでやることで、より効果がある 肩こり解消・予防のストレッチを 体験したので紹介します。 身近

記事を読む

bed-woman

肩のストレッチはベッドの上で簡単にできる

ベッドや布団に寝っ転がったまま 40秒でできるストレッチを紹介します。 肩と肩甲骨と背中を動かすス

記事を読む

oteage

肩こりストレッチ、肩の可動域をチェックする

肩こりを感じていてストレッチをしてみたいけど、どんなストレッチをすればいいのかイマイチわからない方に

記事を読む

follow us in feedly  
    PAGE TOP ↑