肩こりの原因部位が特定できる?トリガーポイントを揉む2

公開日: : 最終更新日:2015/05/26 肩こりの原因

前回の記事では、
運動2,4,5番の板状筋・後頭下筋、胸鎖乳突筋についての
トリガーポイントの場所の見つけて、
硬結をマッサージし、ストレッチでケアする方法を
体験レビューを紹介しました。

今回はそのつづきで、
運動5番の別の筋と、運動7番の
体験レビューを紹介していきます。

スポンサードリンク

運動5番:斜角筋

寝違えたり、合わない枕を使っていたり、
肩掛けバッグ(ショルダーバッグ)を常用している人に
トリガーポイントができやすい場所です。

私もショルダーバッグをよく使っていましたが、
ショルダーバッグでノートPCを持ち運ぶようにしたら
あっと言う間に、肩こりが悪化しました。

そのためPC用リュックサックを購入して使うようにしたんですが、
やはり専用に作ってあるものはいいですね。
肩こりが極端に悪化することがなくなりました。

いつか、PCリュックサックの選び方の記事を書きたいですね。

話しをもどして、トリガーポイントの見つけ方ですね。

斜角筋は、胸鎖乳突筋に近い筋肉ですが、
それよりも更に前側にある筋肉です。

右側を探すときは頭を左に傾けて
右の首が伸びている状態にします。

押したら痛い部分を見つけました。
アゴ関節の下で首の真ん中あたりです。
押すと肩に痛みが出ました。

押し方にちょっとコツがいるようで、
首の中心に向かって押すのではなく、
やや後ろに向けて筋を押していくと
見つけやすいと思います。

この硬結をグリグリと押してほぐしました。

つづいて反対の左側です。
要領がわかってきたので、簡単に見つかりました。
しかも、左側のほうがビシビシきます。痛いです。
同じく押したりさすったりして、ほぐします。

間違って喉を押さないでくださいね。
ゴホゴホと苦しくなりますよ(体験済み)。

次はストレッチです。

背筋を伸ばして、左手を頭の上から
右の耳にあたるくらいに手を置きます。
頭を左に引っ張りならが顔は天井を見上げるようにします。
首をしっかりと伸びるのが感じられます。

スポンサードリンク

運動7:中部・下部僧帽筋

この筋肉にトリガーポイントがある人は
猫背で、手を頭上で作業することが多い人らしいです。
左官屋さんとか、植木屋さんとかですかね。
私はデスクワークなので、共通点がないなと思っていたのですが
リュックサックで重い物を持ち運ぶ人も注意だと・・・

なるほど、リュックサックでした。
ショルダーバッグから逃れたとおもったらこれですよ。

一体どうすりゃいいんですか?
と、悩んでいても肩こりはよくならないので、
トリガーポイントを探します。

あと、女性の場合はブラジャーの締め付けが
強いと出やすいようですよ。

中部・下部僧帽筋は背中の筋肉です。

頭を下げて背中を丸めてストレッチしながら
探していきます。腰もいっしょに丸めないように
注意してください。

初めは自分の手で探ろうとしていたのですが、
背中はやっぱり難しいです。
無理に探ろうとして、他のスジを違えそうになりました。

本当は人の手を借りるのがいいのですが、
私はJの形になっているほぐし棒を使ってみました。

う〜ん。イマイチよくわからない。
ふつうにツボ押しとしては気持ちいいのだけれど・・・

まぁとりあえずこんなところとしてストレッチにいきます。

椅子に座って足を左右に目一杯広げます。
肘を伸ばして両手をそれぞれ膝の上に置きます。
右肩を前に出すようにして、左後ろに顔を向けます。
中部・下部僧帽筋が伸びているのを感じましたが、
なんかこのへんの筋肉が弱いのか、いろいろな筋肉が
ツリそうになりました。
私だけかもしれませんが、危ないので気をつけてくださいね。

つづけて反対側もストレッチしました。

まとめ

前回同様と、マッサージとストレッチが終わると
ほぐした筋肉がスッキリと軽く感じますね。

次回で、トリガーポイントはラストです。
首、背中ときて、次は肩の筋肉です。

スポンサードリンク

関連記事

IMG_0712

肩こりの原因部位が特定できる?トリガーポイントを揉む5

肩こりの原因はトリガーポイントにあり!ということで、 原因の部位を特定してマッサージをして、コリを

記事を読む

IMG_0712

肩こりの原因部位が特定できる?トリガーポイントとは!

Amazonで肩こり解消に関する面白そうな書籍を 購入したので、体験レビューをします。 その書籍は

記事を読む

IMG_0712

肩こりの原因部位が特定できる?トリガーポイントを揉む3

前回、前々回の記事とで 板状筋・後頭下筋、胸鎖乳突筋、斜角筋、中部・下部僧帽筋の トリガーポイン

記事を読む

IMG_0712

肩こりの原因部位が特定できる?トリガーポイントを揉む

前回の記事で、 トリガーポイントとはどういうものなのか? トリガーポイントの探し方などを紹介しま

記事を読む

IMG_0712

肩こりの原因部位が特定できる?トリガーポイントを揉む4

肩こりの原因の部位を探すには、トリガーポイントを 見つけるのが最適ということでしたね。 しかもト

記事を読む

MMK_aomukederyoutewohirogeru500

目覚めたら肩こり!?原因はコレだった!

睡眠には気をつけているし、 枕も体にあったものを購入した。 マットレスも固いものに交換して 使って

記事を読む

follow us in feedly  
    PAGE TOP ↑