肩こりに効くストレッチ。ツイッターで話題のを試した3

公開日: : 最終更新日:2015/05/17 ツイッターで話題の肩こり解消法

ツイッターで話題になった肩こり解消方法を紹介して、
実際に体験した様子をレビューする、第3弾です。

スポンサードリンク

肩こり解消!「肩甲骨のストレッチ」

タオルを使ってのストレッチになります。
フェイスタオルを用意してくださいね。

まずは姿勢です。
足を肩幅に開いて背筋を伸ばして立ちます。
タオルの両端を持って、タオルをピント張ります。
タオルは目線の高さでキープしてください。

ストレッチをはじめます。
息を吐きながら、タオルを頭上を通して、
頭の後ろに持っていきます。
肩甲骨が引き寄せられるまで肘を下げます。

タオルはピント張ったままですよ。
息を吸いながら元のタオルを元の目の前に戻します。

これを10回x3セット行いました。

私の左肩がパキパキと音を立てています。
大丈夫かこれ?でも、痛みは特に感じないです。
なので、そのまま続行します。

動作は簡単なので、早くやろうと思えば、早くできてしまうのですが、
ゆっくりやったほうが効いている気がします。
しっかりと肩が動いているのを感じます。

普段から運動しない私にとっては、ちょうどいい運動ですね。
肩のストレッチ効果もあって気持ちいいです。
でも、3セットもやるとさすがに疲れます。


全体的には、タオル一枚あれば簡単にできるので、
ちょっと気分転換としてやるくらいがいいですね。

スポンサードリンク

デスクで出来る!胸ストレッチで簡単に肩こり解消♪

猫背で肩が前に出ていて、頭が前に出ている人がやると
より実感を感じるストレッチのようですね。

首と肩のコリの予防と解消、猫背などの姿勢改善、バストアップ、
精神安定、血行促進、ストレス解消とたくさんお効果があります。

まずは基本姿勢から
椅子に座って、背筋を伸ばします。
骨盤が椅子に対して垂直になるようにします。
頭の後ろで、手を組んで、両肘を開いて後ろに引きます。

このまま体を捻ったり、横に倒したりするようなのですが
具体的な方法が書いてないので、
私のほうで、メニューを考えてみました。

横の運動

基本の姿勢から、右側に肘を倒していきます。
体全体を倒すのではなく、左側の脇がしっかり伸びているのを感じてくださいね。
体が前後に傾かないように横にだけ伸ばしますよ。
お尻が浮かないように注意してくださいね。

そのまま5〜10秒キープしてください。
そして、基本姿勢に戻ります。

呼吸は止めないでくださいね。

反対側も同じようにおこないます。

これを1セットとして3セット行います。

ひねりの運動

次はひねりの運動です。
基本の姿勢から右肘を後ろに引きながら、体をひねります。
顔が横に向きます。そのときに、顔が下を向いたり、
上を向いたりしないように、顔を水平に保ちます。

5〜10秒キープしてください。

反対側も同じようにおこなって、1セットです。
3セットしてくださいね。

肩甲骨の後ろが伸びて気持ちが良くないですか?

力を入れすぎて無理をすると、背中や肩がツリそうになるので、
注意してくださいね。


オフィスでも座ったままできるで、簡単でいいですね。
動きも派手なものではないので、目立ちすぎることも
ないと思います。背伸びをしている感覚でできますね。

さすがに3セットやると、サボっていつるように見えるかもしれないので、
1セットづつだけやるというのもアリだとおもいます。
十分、コリの解消になると思いますよ。

まとめ

今回は肩を重点的に動かすストレッチを紹介しました。

初めのタオルを使うのは簡単な運動になるので、
体も温まっていいですね。
これからの季節のオフィスはそろそろ冷房がつくようになるので、
冷えた肩や体をあたためるのにも役立ちそうです。

座ってできるストレッチはしっかりと肩を伸ばせます。

どっちも、気持ちがよくなるので試してみてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

towel_tsumi

肩こり解消に佐藤式。タオル1枚でぐにゃぐにゃ肩に。

ツイッターで話題の タオルを使った肩こり解消の動画を 知っていますか? 佐藤式リンパケアの講義中の

記事を読む

99daee1a77a747ba6ae4d17fa91cb115_m

肩こりに効くストレッチ。ツイッターで話題のを試した

ツイッターで話題になっている 肩こり解消ストレッチを 実際に体験してみました。 簡単にできるので、

記事を読む

hengao

肩こりに効くストレッチ。ツイッターで話題のを試した 2

ツイッターで話題になっている 肩こり解消ストレッチを 実際に体験してみた第2弾です。  

記事を読む

follow us in feedly  
    PAGE TOP ↑