腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった

公開日: : 最終更新日:2015/05/17 腰痛 トリガーポイント

肩こりのトリガーポイントを紹介しましたが、
今回はその腰痛編です。

腰痛の原因としては、骨格のズレや歪みからくる痛みだと
考えられることが多かったのですが、実はその割合としては
3割しかないそうです。

残りの7割は、病名のつかない慢性的な腰痛。
どこが悪いのかよくわからないけど、腰が痛いというもの。
それらの痛みの原因はトリガーポイントなのです。

スポンサードリンク

その腰痛の原因の割合のほとんどを占めるトリガーポイントを見つけて、
ケアするまのでの体験をレビューしたいと思います。

ではなぜ今回、肩こり解消ブログで腰痛を取り上げるかというと、
昔、ぎっくり腰もやっているので、腰のケアにも関心があるからです。

それに、勤務中のほとんどを座って過ごしているため
腰痛になっていないわけがないと、やや強引な結論で腰痛ケアを
始めようと思います。

でも、肩こりと腰痛の両方ケアできれば、体の心配のほとんどが
解消できるできますよね。

なので、今回は肩こりから離れて腰痛の原因の
トリガーポイントを探してみたいと思います。

”トリガーポイント”を見つける前に

次の3つの条件に当てはまる場合、トリガーポイントによる
筋肉の痛みではない可能性があります。

  1. 腰が動かない
  2. しびれなどの症状がある
  3. 激しい痛みである

この条件に当てはまる場合は、整形外科や神経外科での
検査をオススメします。

スポンサードリンク

腰痛の原因のトリガーポイントをリサーチ

まずは12の運動でトリガーポイントの
ありかを探ります。

  1. 前にかがむ
  2. 後ろに腰を反らす
  3. 体を横に倒す
  4. 腰をひねる
  5. 太ももをお腹に近づける
  6. 太ももを後ろに引く
  7. 脚を外側に上げる
  8. ひざ下を内側に動かす
  9. ひざ下を外側に動かす
  10. ひざを曲げる
  11. ひざを伸ばす
  12. つま先を下げる

12の運動それぞれを試しました。
細かい注意点はそれぞれありますが、
それは本誌を読んでくださいね。

私が運動してみて当てはまったのは、
2,5,6,10番の運動でした。

思っていたより、痛みの出る運動は少なかったのですが、
他に問題がおこりました。

それぞれの運動で特定の部位が痛むかをリサーチする運動
(例えば、3番なら倒した側の腰の側面が痛むか?)なのに、
そもそもの筋力が無かったり、運動不足なこともあって
ぜんぜん関係のない胸が痛かったりすることがありました。

もう少し体を動かさないとダメですね。

12個の運動をやり終えた今、腰にじんわりと痛みが出てます。
こんなので、ほんとうに大丈夫なのでしょうか?

かなり不安が残りましたが、それでは次回
痛みがでた運動から、それぞれのトリガーポイントを探しだして
ケアをしていきたいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

youtsu

腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった3

腰痛の原因の割合は、3割が骨格(脊柱や骨盤)のズレでした。 残りの7割なにかというと、筋肉に原因の

記事を読む

youtsu

腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった2

腰痛の原因の割合で、7割をほこるトリガーポイント。 前回はトリガーポイントの場所のあたりを付けるた

記事を読む

youtsu

腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった6

腰痛の原因のトリガーポイントを探す体験レビューの第6段です。 トリガーポイントは腰痛の原因の7割に

記事を読む

youtsu

腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった4

トリガーポイントという、腰痛の原因の割合のうちで7割にあたいする 筋肉のコリの解消を体験レビューし

記事を読む

youtsu

腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった7

腰痛の原因のトリガーポイントを探す体験レビューのラストです。 前回の中殿筋と大腿四頭筋で合わせて1

記事を読む

youtsu

腰痛の原因の割合のほとんどがトリガーポイントだった5

思ったよりも長期連載になってきましたね。 腰痛の原因のトリガーポイントを探す体験レビューの第5段で

記事を読む

follow us in feedly  
    PAGE TOP ↑